JP travel

現在アメリカから東周りで世界一周しながらボランティアをしている大学生の日常です

目指せ恐ロシア

こんにちは😃

ヨーロッパの都市にしては長く滞在し過ぎてしまったクラクフをおさらばして、ウクライナに来ております。


クラクフは本当にいい街だったなぁ

アウシュビッツしか観光してないけど、、、笑


人は陽気だったし、街並みは最高だったし😎

 

クラクフ第二次世界大戦の被害をあんまり受けてないらしいから、当時の建物がたくさん残ってるらしい!


そしてわざわざめんどくさい思いして取ったロシアビザ。

ロシアの期待値だけは上がっていてはよ行きたい。

 

今はウクライナに来てるけど、ウクライナの人たち優しすぎて、、、、

道聞いたらそこまで連れて行ってくれるし、可愛いし😍

物価安すぎだし、、🤗

てかそんなに書くことがないのに更新してしまった笑

じゃあたまには情報を乗っけよう!

キエフからモスクワまでの行き方。
基本的には3通り。
①飛行機
これは一番簡単な行き方でただ飛行機に乗ればいいだけですね、、笑

 

②列車

キエフ〜モスクワを走る列車があって寝台列車だし楽なのだが、ネットで調べたら一番安いやつでも70ユーロくらいしたから却下。

飛行機よりは安いんだけどね😰

 

③バス

もちろん一番安いのはバス🤑

でもバスの情報が全然ネットに載っていないので紹介いたします。

Goeuroというアプリを使うと基本的にヨーロッパ圏内の移動の仕方が出てきて、キエフ〜モスクワも出てきます。

 

しかしキエフ〜モスクワはひとつだけ😰

Ecoline てのが25ユーロで17時間でモスクワまで行きます。

このバスには何回かお世話になったけど、モニターがあって映画や音楽が聴けたり、席もしっかりしてるし、Wi-Fiもあって良いバスです🚌

 

 

しかし僕が行く日はなんと日曜日。

エコラインはキエフ〜モスクワを日曜日は走ってないとのこと🙀

 

スタッフの人に他に走ってるバスがないかと聞くと、セントラルバスステーションにもしかしたらあるから聞いた方が良いと言われました。

 

セントラルバスステーションはキエフの中心街から離れていてメトロで向かいます。

ウクライナのメトロもすっごい地下まで行きます笑

 

Demiivskatという駅で降りたらバスステーションはすぐです。

 

バスのチケット売り場の建物の中に入ると1、2、3番窓口がモスクワ行きのチケットが帰る場所。

 

英語は通じません笑

たまたま隣にいた若者に通訳してもらい、15時発〜7:30着の610ukh(日本円で3000円)行かないくらいかな?で買えました。

 

しかしバスの情報は一切なし笑

トイレやWi-Fiがあるかもわからない笑

 

Wi-Fiは別になくても良いけど、トイレがなかったらきついな〜

 

怖かったのでそこの窓口を詮索しているとURLを発見。 ちなみにURLはこちら Inbus.ua 

サイトは英語対応もしてて意外とちゃんとしてそうで安心、、

サービス情報は載ってなかったから結局何もわからんかったけどね。。

 

 

 まあ無事につければ良いや!!笑

 

そろそろヨーロッパの旅行感覚から少し旅の戦闘モードに戻さなきゃな〜

 

平和ボケしてる笑

 

てことで次回は無事にロシアにつけたら更新しまーす🤙🤙

 

ヒッチハイクリベンジmatch

こんばんは😃🌃

 

この間までいたバルト三国を離れ現在はポーランドにきています!

 

ポーランドの目的はクラクフにあるアウシュヴィッツ強制収容所の見学。

 

そして、以前フィンランドヒッチハイクして失敗したリベンジを果たすためにポーランドの首都ワルシャワからクラクフまでヒッチハイクをすることに!!笑

 

しかし今回はリトアニアの宿で会った日本人の同じバックパッカーの人と共に!笑

 

初めて旅でタメのバックパッカーに会ったから自分的にとても嬉しかった🙂

 

ワルシャワヒッチハイクの打ち合わせをし、なんか成功するビジョンしかないよね🤘🤘と話していました笑

 

 

そして次の日9時に高速道路の手前のバス停で集合。

 

 

いざ!!リベンジマッチ!!!

 

 

だが、神様は僕たちの味方ではなかったのでしょうか。

若干の雨を降らせてきました。

 

 

そんなこともありガソリンスタンドで呼び込み開始🤠

 

仲間がいる安心感がスゴくて、全然辛くなかった。笑

大声で派手に声かけをもできるし最高!!とこないだに比べてめっちゃ楽しんでました✌️

 

 

しかし、、、、

 

二時間くらい経過するも誰も乗せてくれない、、、

 

調べるとここはまだ違う方面に行く人もいるとのこと。

 

場所を変えて、さらにクラクフ寄りのガソリンスタンドに!

 

ここでも一時間くらいやるけど捕まらず、、

 

 

なんか嫌な予感が、??

 

しかもやっぱり鬼寒い😭😭

 

 

でも今回は負けずに頑張ると決めた我々。

 

 

さらに場所を変えて高速手前のマクドナルド。

 

そして行き先も隣街のradomに変更。

 

 

もはや止まってる車の横まで行って訴えたり、段ボールにeverywhere やyour city など書くも運転手にウケてはいたが捕まらない。

 

 

Ikeaがあったのでそこまで行き入り口の前で声をかけるもダメ。

 

4時間位が経過し、二人とも寒さに堪えていてマックで休憩を、、

 

僕たちは考えに考えた。

 

都会の人間や人が多くいる場所は集団心理が働き誰かが乗せるから良いだろう。と思い乗せないのではと。

 

 

 

そこで、少し離れた周りに何もないバス停に移動してここが最後の砦だ。

 

外も暗くなり始めていた。

 

 

ここでできなかったら凍死を覚悟。

 

僕たちは最後の力を振り絞って看板を掲げた。

 

 

すると!!なんと!!

 

40分位が経過したとこで、一台の車が止まってくれ隣街まで乗せてくれました😭😭😭😭

 

 

僕たちは大喜びで乗り込みradomまで。

 

 

その方は英語はあんまりしゃべれなかったけど、見るからに優しくていいおっちゃん😭

 

僕たちもなんとかGoogle翻訳を使って話をしました😢

 

 

Radomてなにがあるのー?

ポーランドでなにが美味しいの??

 

とかとか。

 

 

するとおじちゃん出会って30分も経ってない僕たちに家に泊まりにこい。と言ってくれました。

 

 

僕たちは目的地の3分の1のとこだったけど、こんなチャンス二度とないと思いお家に泊まらせて頂くことに。

 

 

その方の奥さんは道中おじちゃんに電話でテロリストじゃないか聞くという珍事件も。笑

 

 

家に到着すると奥さんは学校の先生をやってるとのことで英語が堪能だった。

 

快く僕たちを受け入れてくれ、ポーランド料理を振る舞ってくれた。

 

 

ほんとに涙が出そうなくらいご飯も美味しくて優しくてこんないい人たちいるんだ、、と感動していると街に行くか?とお誘いを受けました。

 

 

まあせっかくだしLet's go!と行くと、まさかのradomの街の案内をしてくれました😢

 

おじちゃんが車で色々回ってくれて、おばちゃんが英語で説明を、、、

 

なんて優しいの、、、

 

 

んで、ラドムはビールが有名らしくバックパッカーが入れそうにもない、いい雰囲気のバーに連れていってくれビールをご馳走してくださった、、

 

 

 

ほんとにいい夫婦でめっちゃラブラブだし、家族愛がすごくて家族の話をし始めたら止まらないし、、

 

3食(夕食、ポーランドではたいてい夕食の後にコラッツィアという軽食を食べる、朝食)をご馳走してくれたり、何から何までお世話してくださってありがとうございました😭😭😭😭😭🙇🙇

 

このご恩は一生忘れませぬ

 
f:id:jpei0422:20171115092038j:image

 

Ps.おっちゃんは最初僕たちをポーランド人と思って乗せたらしい。笑

 

 

そして次の日こそクラクフに到着を目標に昨日の経験を生かして高速道路の手前のバス停からスタート!

 


f:id:jpei0422:20171115092226j:image

 

 

これまた昨日経験を生かして隣街の名前も書くことにしました。

 

するとはじめて30分もしない内に一台の車がこの隣街に向かうとのことで乗っけてくれました😭😭

 

 

この方も英語は全然喋れないのに、ほんとに優しい😭

 

俺だったら英語が喋れなかったら絶対乗っけたくない、、、

 

 

心の寛大さに、、胸打たれた、、

 

 

40分くらい乗せてもらって、途中のマックとかガソリンスタンドがあるパーキングエリアで降ろしてもらうことに。

 

 

ありがとうございました😭

可愛いほんとに。


f:id:jpei0422:20171115092456j:image

 

 

 

 

ここまで上手く行くと調子に乗る我ら。

 

余裕じゃね??

 

とマックでだいぶ休憩し、final destination クラクフ目指しパーキングエリアで最後のヒッチハイクを!!

 

 

これがなかなか捕まらない、、、

 

止まってる車のが難しい、、、

 

 

なんでやろ、、、

 

 

だがしかし、持っている男jpはガソリンスタンドで給油している人に話しかけクラクフに行く?って聞くとたまたま行くというので最後のドライバーゲット!!!!!!

 

 

これまた運よく45分くらいで見つけることに成功。

 

 

彼は世界でビック4に入るらしいコンサルティングの会社pwc?だったかな?に勤めていて、彼女はレッドブルで働くエリートサラリーマン。

 

 

もちろん英語も堪能。

スペイン語もイタリア語も喋れるそう🙂

 

ノリも良くて200キロ位出して高速走ってくれたり、スポーツカーモードで楽しませてくれたり!

 

本当はクラクフじゃなくて山登りに行くためにクラクフより遠い場所に向かう予定で、クラクフ通らない方が近いのにわざわざクラクフまで乗っけてくれました。

 

 

本当にありがとう!!!!

 


f:id:jpei0422:20171115093149j:image

 

なんやかんやで二日目はほぼ午前中にヒッチハイクが成功してクラクフに到着するすることができました。

 

見知らぬ外人を車に乗せてくれたり、家に泊めてくれたり本当に世の中てこんなに優しい人たちがいるんだ。と思うと自分も何かの形で誰かに恩返ししなきゃな。と思いました🙄🙄

 

 

みんな本当にありがとうございました!!!

 

今度は日本でもヒッチハイクをしてみたいな~

 

明日は待ちにまったアウシュヴィッツ

 

色々学んできます。

 

 

命のヴィザ発行 杉原千畝

こんばんは~

 

前回の続きです。

 

みなさんは杉原千畝という人物を知っていますか??

 

恥ずかしながら僕はリトアニアに来るまで知りませんでした。

 

 

では今回は彼がリトアニアの地で何を行ったのか簡単に話したいと思います。

 

 

遡ること70年前、ちょうど第二次世界大戦が始まる前のことです。

 

ドイツではナチ党率いるナチス・ドイツユダヤ人迫害運動(ホロコースト)を行いました。

 

多くのユダヤ人が強制収容所に運ばれ、働ける者は過酷な労働、働けない女性、子供、お年寄りは先に殺害。

 

拳銃や毒ガスを使ったり、強制収容所内でユダヤ人にカースト制度を設けユダヤ人がユダヤ人を殺したり監視したりする。そんな状況でした。

 

今の世の中では考えられないことですが、現実にあったことです。

 

最近イスラエルパレスチナ問題や杉原千畝の件、明後日ごろ行くアウシュヴィッツ強制収容所の勉強をしていたので、急速にユダヤ人のこと宗教、移民問題など知らないことがどんどん頭にはいってきて、、、

 

頭の中だけでは追いつけない状況の中、実際に現場にいって学べることができてとても嬉しいです。

 

 

さて、話は戻りこの時代。

 

そんな状況下にいたユダヤ人はもちろん各地から逃げて行きます。

 

 

ドイツはポーランドに侵攻、そしてポーランドの隣にあるリトアニアにいるユダヤ人は次はリトアニアだ。となり逃げなきゃいけない。

 

 

リトアニアにいるユダヤ人の逃走ルートは

 

リトアニアソ連→日本→?といったルートを取るときにソ連から日本に行くのに日本の通過ビザが必要である。

 

 

ここで、一旦時期は戻りナチス・ドイツユダヤ人迫害を始める前。

 

杉原千畝満州国ハルビン日本大使館に滞在していました。

 

その後第二次世界大戦前にヨーロッパに行き、フィンランドや他の国を転々とし、最後リトアニアのカナウス日本領事館に滞在することになりました。

 

 

そして時期は重なり杉原千畝がカナウスに滞在している中欧州各地から難民としてきたユダヤ人は日本の通過ビザを求め日本領事館に押し寄せます。

 

 

しかし杉原千畝がビザの発行許可を日本の外務省に問い合わせても答えはno。

 

杉原は悩みに悩んだ末、ユダヤ人に日本の通過ビザを発行することを決意しました。

 

 

来る日も来る日もビザを書き続け、ついに第二次世界大戦が始まり杉原は安全な地へ逃げなければいけなくなりビザ発行は終了。

 

 

それでも救ったユダヤ人の数は6000人。

 

後にイスラエルから正義の人の称号を貰い、ユダヤ人からは東洋のシンドラーと呼ばれるようになりました。

 

 

僕はこの話を聞いて、第二次世界大戦前、日本は第一次世界大戦で勝利を収め勢いにのっていました。

 

そして国民、特に国家に使える官僚は全員お国のために。と生きていたでしょう。

 

 

そんな中、国の意向に背きユダヤ人を助ける決意をした彼の行動は本当に素晴らしいと思いました。

 

例えユダヤ人がどうなってもこの時代誰も攻める人はいなかったはずです。

 

現代の状況に置き換えれば、クラスのいじめられている子を第三者として見ているだけでも誰も攻めないはずです。

 

僕がかばえば標的にされる。

 

杉原も俺がユダヤ人をかばえば、ドイツと同盟を結んでる日本の立場が悪くなる。

 

そんな葛藤の中だしたこの決断から、彼の本当に世界を変えたいという意志が伝わってきます。

 

ユダヤ人迫害、そして今それが起こしているイスラエルパレスチナ問題や移民問題

簡単に答えが出る問題ではありません。

 

しかしみんなが自分のために。

 

ではなく

 

みんなのために。

 

 

と思えば変わるものは変わる気がしますが、まだまだ先の話になりそうですね😢

 

ぜひリトアニアに訪れたときにはカナウスの日本領事館に訪れてみてください!

 


f:id:jpei0422:20171113002755j:image

 


f:id:jpei0422:20171113002922j:image

 

 

 

そして唐沢寿明小雪主演のこのストーリーを元にした【杉原千畝】という映画も上映されています!

YouTubeで見れるので見てみてください!

 

 

ではポーランドのすでにワルシャワでひたすら悲しい過去の現場に行きメンタルが沈んでいるjpからでした。笑

 

 

 

バルト三国を気ままにぶらぶらと

こんばんは!!

 

現在バルト三国エストニアラトビアリトアニアの順にぶらぶらとして、明日ポーランドに行く予定です。

 

今回はバルト三国それぞれをぶらぶらした日記を書きたいと思います。

 

まずはフィンランドから船でエストニアの首都タリンへ。

 

16ユーロと安かったのにも関わらず、船は豪華客船並みの設備。

 

エストニアの方が断然物価が安いから夜ご飯は我慢し、ビールだけ一杯🙂

 

そんなこんなで、エストニアの首都タリンへ。

 

今回泊まるホテルはタリン旧市街の中にあるため観光も便利。

 

タリン旧市街は綺麗で少し丘の方に登ると港も見えいい町でした。

 


f:id:jpei0422:20171111055700j:image

 

ついでに夜景も

 


f:id:jpei0422:20171111055756j:image

 一泊しかしなかったので、ガッツリ見ることはできませんでしたが、フィンランドに比べて物価がすごい安くて嬉しかったのが印象。

 

 

さあ、お次はラトビアの首都リガへ😉

 

個人的にバルト三国の中で一番好きな国。

 

街がオシャレでほんとに絵本の中に入ったような感じ!

 

街も小さく、なんだかゆったりしてて過ごしやすかったな~

 

しかも、ご飯も美味しい!

 

久しぶりにタリンで最終日に会った日本人の方とリガで再開し夜ご飯へ。

 


f:id:jpei0422:20171111060106j:image

 

この量でも安く食べられる最高!!

 


f:id:jpei0422:20171111060220j:image

 

 
f:id:jpei0422:20171111060232j:image

可愛い街だったな~

 

 

ここも一泊のみ!

 

そしてバルト三国最後の国

 

リトアニアの首都vilniusとカウナスへ!

 

Vilnius はなんかロシア感が凄かった、、笑

ロシアまだいってないけど笑

 

この三国の中で一番治安悪そうに感じたけど、そんなことはなく、、

 

 

毎日小雨が降っていましたが、小雨がすごい似合う国でした。

 

薄暗く、そしてしっとりと。

 

 


f:id:jpei0422:20171111060852j:image

 

とにかくひたすら教会って感じの街!

どこ歩いてても教会があるから、写真も撮るのめんどくさくなってました笑

 

 

カウナスは次に書こうと思っている命のビザ発行をした杉原千畝で日本人、ユダヤ人に有名な街。

 

 

ここはほんとに面白かった。

 

次回詳細載せます。

 

 

今回はバルト三国を特に何も調べず気ままに歩いてみました。

 

 

それぞれの首都がそれぞれの色をもっていて面白い三国。

 

ぜひ皆さんもいってみてください。

 

シーフードがほんとに美味しいですよ😺

実在した髭の男

こんばんは😃🌃

 

前回のフィンランドヒッチハイクでは痛い目にあい、懲りてバス移動を選択したjpです。

 

今回は子供のころ誰しもが信じていた髭の男(サンタクロース)に会うためにフィンランドから遠く離れた北極圏の玄関と呼ばれるロバニエミに向かいました。

 

約11時間30分のバス旅。

 

もうお尻が痛すぎてよい体制を探すのに必死な僕。

 

夜行バスで寝て朝日が昇るとそこは雪景色。

 


f:id:jpei0422:20171107021432j:image

 

うおーーーー!!!!

北極圏やぁああ!!!!!

 

て感じでテンションが上がりました😆

 

バスは11:30に到着しそのままサンタクロース村。

 

いかにも!という名前の村に直行!!

 

 

やはりアジア人に人気ならしく、日本人を何人か見ました🙂

 

そして!!

サンタクロース村に到着!!

 


f:id:jpei0422:20171107021729j:image

 

ほんとにサンタクロースいるのか!?

と疑いながらもサンタクロースがいると言われてる家に向かいます。

 

 


f:id:jpei0422:20171107021813j:image

 

ここがサンタさんのお家🎅

 

そしてまあガキンチョ連れの家族やカップルが並んでる中僕1人。

 

普通に泣きそうになりました笑

 

そして順番待ちしてお姉さんにあら?1人??と言われ死にたくなった、、、

 

必死に今一人で旅してるんだ!!

と言い訳をいい、サンタクロースに会いにいくことに。笑

 

待つこと一時間

 

ちゃんとそこには本物のサンタクロースがいました!!!!!

 

残念ながら写真撮影は禁止なので、僕が撮った写真はありませんが、子供のころから夢みていたサンタさんに会うことができて、まるで子供に戻ったかのようにサンタさんとお話をしました😆

 


f:id:jpei0422:20171107022408j:image

 

一応たしか日本人の有名人だよね、これ。笑

名前忘れたけど、サンタさんこんな感じ!笑

 

なんとサンタさんは色々な言語が話せるらしく、日本語めっちゃ上手でした笑

 

 

毎日働いて休みはないそう。

 

そして年に一度だけ外に出られると。

 

それがクリスマス。

 

なんとブラック企業なんでしょうか!!!

 

サンタさんに自由を!!!!!!

 

と冗談を言い、またクリスマスに会おうねと言われてバイバイ😭

 

 

そしてなんとここ、サンタクロース村から手紙を出すとサンタさんがクリスマスに手紙を届けてくれるんですよ😘

 

メルヘンチックですね!

 

 

またサンタクロースに手紙を送ることもできます!!

 


f:id:jpei0422:20171107022346j:image

 

日本から届いていた手紙。

 

ほんとに夢のような世界に入り込んだ一時でした。

 


f:id:jpei0422:20171107022523j:image

 

ついでにトナカイもいたよーうて😉

 

夢のような時間も終わり今は人生80分の1の寄り道 18ヵ国目エストニアに向かっております!

 

ついに待ちに待ったバルト三国!!

 

さあ、いらっしゃい物価の安い国々よ。

 

 

 

 

人生初のヒッチハイク

こんにちは!!

 

ただいま北極圏の玄関と言われるフィンランド、ロバニエミに向かっております🙂

 

もうすでに辺り一面雪景色に変わり、北極圏という名にふさわしい景色になってます😉

 

 

一昨日フィンランドに着き1日目は市内観光。

 

2日目は人生初のヒッチハイクムーミン谷のあるタンペレに向かうことにしました。

 

段ボールに大きくTAMPEREと書き準備万端!

 

 

高速手前のところでスタンバイ😆

 

人生初で一人だからめちゃめちゃ緊張しました。笑

 

 

そしてやり続けること30分。

 

 

全然みんな止まってくれない、、、

 

 

看板だけみて素通り、、、

 

 

まあまだ30分だし、、??

 

 

もうちょいがんばるか!

 

 

1時間経過、、、

 

寒い。

 

 

そして2時間経過、、、

 

なぜ、誰も止まってくれない。

 

もう凍え死にそうだったのでここでgive up

 

 

僕の人生初の1人ヒッチハイクは惨敗に終わりました笑

 

誰がこの結末を予想していたのでしょうか。笑

 

 

普通これ成功しました的な感じで終わるやつだよね!?

 

 

みんなひどいよ、、、

 

 

てことで腹いせにヘルシンキのサッカーの試合とアイスホッケーの試合を見ることに!!!

 


f:id:jpei0422:20171105155914j:image

 

なんとサッカーの試合はヘルシンキの降格をかけた闘い。

 

重要な試合にサポーターも盛り上がります。

 

しかし前半30分ごろ相手に得点を許し、審判もやや相手ひいきにサポーターの怒りは増します。

 

ついにサポーターがあの煙やら炎やらがでる筒みたいなやつを投げ始めました笑

 

ピッチ内にそれがはいり、試合は一時中断。笑

 

 

フィンランドの人たちは穏やかと思っていましたがそんなこともない!

 

熱いんです!!!!

 

 

その後なんとロスタイムにヘルシンキが奇跡のオーバーヘッドで同点ゴール!!!

 

そのまま試合が終わりました。

 

同点になってよかった。と思っていたのは僕だけ。

同点でヘルシンキの降格が決まったらしく、サポーターの怒りはついに絶頂へ。

 

 

何人かのサポーターがぶちギレて机をぶん投げ、椅子を蹴り倒し、、、

 

ほんとに恐ろしかった、、、

 

とばっちりがくるんじゃないかと思い逃げました笑

 

 

その足で今度は本場のアイスホッケーを見ることに😆😆

 


f:id:jpei0422:20171105160126j:image

 

やっぱ盛り上がりがすごかった😆😆

 

アイスホッケーってめちゃめちゃかっこいい!!

 

滑らかにボールをさばいてる姿最高でした!!

 

 

しかしルールが全くわからないので途中で眠くなってしまいいつの間にか寝てました。笑

 

 

そんなことよりチアガールが可愛すぎて😘😘

 


f:id:jpei0422:20171105160309j:image

 

パツキン色白エロい。

 

この素晴らしい三要素を金揃えていてなんだここは。と一人でにやけてしまいました。笑

 

 

まあそんなこんなでヒッチハイクは失敗に終わりましたが、その分存分にヘルシンキ市内を楽しみましたとさ。😆

 

さあ、これから子供のころみんなが必ず信じていただろうサンタさんに会ってきます!!

 

本物ですよ!?!?

 

本当にサンタさんはいるんです!!!

 

サンタさんの姿はいかに、、、!

 

To be continue....

動き出せば景色は変わる


こんばんは😃🌃

 

お久しぶり投稿です✌️

 

今はボランティアでアイスランドの東の街にいます!

 

まあ今回のボランティアは結構暇な時間も多く、キャンプリーダーもあんまり、、て感じなので暇ではありますが国際交流はできてるかな~🤔

 

でもアイスランドてほんとに一言で表すと自然。て感じで、ほんとに大地と氷河と滝とか諸々スケールがでかすぎてすごい!

 

 
f:id:jpei0422:20171031043655j:image

 


f:id:jpei0422:20171031043806j:image

 


f:id:jpei0422:20171031043845j:image

 

灯りが多すぎてあんまり綺麗に撮れなかったオーロラ笑

 

 

久しぶりに自然の素晴らしさに心やられてます🙂

 

 

まあ話は変わりますが、そんな暇な時間になにをしようて考えてて、最近自分が無知すぎると今さらになって自覚したわけですよ。

 

 

このボランティアでも毎晩カルチャーナイトがあって、自分の国のことについてプレゼンテーションをするのですが、質問に答えられなかったりと😥

 

 

そして日本のことだけでなく世界のことや常識的なこともまだまだ何にも知らないなーと思いミーハーながら本を読むことにしました🙄

 

 

そんな本の言葉を借りて、今日のタイトル

 

動き出せば景色は変わる

 

この言葉に惹かれてしまいました。

 

なんか今の自分すべてに当てはまるなて🤔

 

世界を歩いているとほんとにちょっと興味を示して動くだけで見える景色は変わってくるし、今の自分の本を読み始めたっていう一歩がこの言葉に出会わせてくれて景色を変えてくれたし、、、

 

 

上手く言えませんが、ちょっとした一歩を動き出すかどうかで見える景色って変わるんだな~て思いました。

 

それは日常生活すべてに言えること出はないでしょうか。

 

今日は疲れたしやる気がでないからやらない。

 

勉強だるい。

 

ねむい。

 

これはやらなくてもいいでしょ。

 

まあこんなワードはみんなが使うと思います。

 

でもそんなときに妥協せず一歩動き出してみれば景色は変わるんじゃないでしょうか。

 

 

 

僕は妥協人間なので、こんなワードを息すると同じくらい言っている気がします。

 

 

そんな自分を変える日はくるのでしょうか。

 

同じ景色をずっとみていられない人間なので、頑張って一歩動きだしてみようかな。