JP travel

現在アメリカから東周りで世界一周しながらボランティアをしている大学生の日常です

再出発

こんばんは!

 

時間てほんとに過ぎるのあっという間ですね。

 

帰国前、あんなに楽しみにしていた一時帰国も今日で終わり。

 

日本で"おかえり"と言ってくれたみんな、ご飯に連れてってくれたり、遊んでくれたりありがとうございました。

 

 

"おかえり"て言葉がこんなに温かくて、心に染みるものだとは思ってなかった、、

 

"おかえり"て言ってくれる場所があるから、自分は頑張れるんだな~て改めて感じました。

 

 

また明日から僕の旅は再スタートします。

 

 

半年とは考えてみれば長いですが、終わってみると、とてつもなく早かったように感じます。

 

すでに旅の準備を始めた4月から半年がたち、旅の終わりまで半年しかない。

 

最初の半年は何もわからない、未知の状態でのスタートでしたが、今は半年を終えて海外での生活の厳しさや楽しさなど色々知った上での再スタート。

 

日本で一旦気持ちの整理をさせ、休憩をして行くので、ここからの旅は感じれることが多いのではないでしょうか。

 

自分自身、残り半年しかないから楽しもう!!!って気持ちが大きいと同時に残り半年無事に過ごしたい、、、ていう気持ちも大きいです。

 

 

とりあえず多分どんどん変わっていくだろうけれど、今のところのこれからのルートを紹介しときます。

 

 

10/20~アイスランドフィンランドバルト三国→(ベラルーシ)→ポーランド→ロシア→ウクライナルーマニアブルガリア→トルコ→エジプト→イスラエル→イラン→オマーンインドネシア→オーストラリア(年越し)→アジア諸国→帰国

 

て感じで年越しまでは一応行きたい国のプランは立てています。

 

 

しかしこの旅何回行き先を変えたかわかりません、、笑

 

その国にもっと居たいと思えばいるし、出たいと思ったら出るので行けない国が出たり、行く国が増えるかな~て感じですね🤔

 

 

前回もそうですが、前日は全然明日から半年間日本に帰ってこないていう実感がわかない、、笑

 

 

飛び立ってしまえばもうどうにでもなれ!て感じですが、、笑

 

 

この半年が終わればまた普通の大学生に戻ってしまう。

それなら自分ができる限界まで自分を追い込んでみよう。

今まで幾度と妥協ばかりしてきた自分。

 

ここで妥協したら、多分一生妥協しながら自分と向き合わずに終わる気がする。

 

自分の限界がどこなのか

 

自分は何に興味があって、これからなにをしたいのか。

 

自分のこれからを決めるきっかけになる旅。

 

 

とまあそんなことを言いながら、重くは考えずゆるりと旅をするんだろうな~

 

明日から始まる再出発。

今日はよく寝れるかな~

 

またみんなに"おかえり"と言ってもらえるように半年間頑張ってきます。

 

 
f:id:jpei0422:20171019203845j:image