JP travel

現在アメリカから東周りで世界一周しながらボランティアをしている大学生の日常です

スタンドバイミーでいくマチュピチュ②


こんばんは~😃

ついにマチュピチュを見に行く日がきました。

死ぬまでに一度は見ときたい絶景。

 

前日は21時くらいに寝て、当日朝3時30分起床。マチュピチュが見れるところまではバスか徒歩でいくのですが、いろいろな人からアドバイスを頂き行きはバスで登ることにしました。



f:id:jpei0422:20170613130706j:image

朝4時の様子。お、これは早起きした甲斐が!

一番のバスに乗れる😏

こっから待つこと1時間30分!!


f:id:jpei0422:20170613130840j:image

ついにバス乗車、一番のバスに乗ることができました✌️

早速ついて受け付けに並びパスポート、チケットの確認をしていざマチュピチュへ!!

と思いきや、、、

あれ、、、?霧がすごくない、、?

なんも見え、、な、、い、、

そうなんです、朝日が昇るところを撮りたかったのですが、霧で全く見えず無念😢


f:id:jpei0422:20170613131146j:image

こんだけ早起きしてきたのに!!!!!

なんてこった!!!

ついてないぜ😶😶

気を取り直して、霧が晴れるのを待ってる間遺跡の中を見学しに行きました。

すごい綺麗に作られてて感動。


f:id:jpei0422:20170613133001j:image

中には羊?アルパカ?がいました笑

遺跡の見学も終わって、さあさっきのフォトスポットに戻ろう!

とするとなんと一方通行で戻れず出口まで行かされ再入場、、

もうついてないにも程がある笑

しかも本当に人が多くてもう移動が大変でした。ガイドの人を連れた団体は固まって行動するため道を塞ぎ、意外と段差が激しい階段を上り、めちゃくちゃきつかった。

 

それから待機すること1時間くらい。


f:id:jpei0422:20170613131447j:image

ついに待ち望んでいた景色を撮ることができました。

一体誰がこんなものをこんな場所に作ったのか。先人の知恵、人間の知恵というものは恐ろしいなと思います。

わざわざこんな標高の高いところに作った理由はなんなんだろうか。

発見されてからまだ年数がたっていないため謎ばかり。

しかし謎に包まれてるからこそ面白味があり、みんなの興味を引くのではないか。

この場所、この標高、謎に包まれた歴史。見に行った価値はありました。

いつか謎が解けたらまた登りに行きたい。

 

そんなこんなでマチュピチュを眺めること4時間が経過しバスの時間もあるため帰ることに!

今度はバスで登ってきた道を永遠と階段で降りてまたスタンドバイミーで水力発電所まで😭

この日だけで合計20キロ歩きました笑

その日は死んだように眠りましたとさ。